facebook twitter instagram

スポット

国史跡 星糞峠黒曜石原産地遺跡

遺跡・史跡/日本遺産
霧ケ峰高原の一画に黒曜石の方言とされる「星糞」の名がつく峠がある。地元ではキラキラ輝く星のかけらが降り積もっていると言い伝えられてきたが、その正体は縄文人が黒曜石を採掘していた鉱山跡に残された黒曜石の割くずであった。史跡公園として一般に公開されている遺跡では、静かな森の中に縄文人が黒曜石を採掘していた痕跡を地表面から観察することができる。2021年には、地下の様子を公開する野外展示施設がオープンし、厚さ5mの地層から発見された7000年前と3500年前の採掘の様子を間近に見ることができる。

●所蔵先の博物館
星くずの里たかやま黒耀石体験ミュージアム
住所
長野県小県郡長和町
カテゴリ
遺跡・史跡/日本遺産
TOP