facebook twitter instagram

スポット

追分遺跡

遺跡・史跡/日本遺産
黒曜石原産地鷹山遺跡群の玄関口に位置する追分遺跡では、深さ5mに及ぶ地層に旧石器から縄文時代に及ぶ6つの遺跡が重なって発見され、この遺跡が黒曜石流通の中継基地として重要な役割を果たしていたことが分かる。最も深い地層から発見された石器は3万年前のもので、関東地方の遺跡からも同じ古さの遺跡から信州産の黒曜石が発見されている。黒曜石は日本最古のブランドとしてこの頃から広域に流通していたのである。

●所蔵先の博物館
星くずの里たかやま黒耀石体験ミュージアム
住所
長野県小県郡長和町
カテゴリ
遺跡・史跡/日本遺産
TOP